男女

小規模保育事業で待機児童問題を緩和|様々なビジネスに挑戦

ビル

国際的なビジネス

多くの人は、国際的なビジネスと聞くと敷居の高いものに感じるかと思います。中国輸入ビジネスであれば、中国輸入代行業者を利用することによって気軽に参入することができるでしょう。

ウェイトレス

自身のカフェを開業する

カフェを開業する時には、開業する目的やコンセプト、予算計画、資金調達等が必要になります。考えるべきポイントは数多く存在するので、開業時には前もってどういったことをチェックすべきか調べておくことをお勧めします。

シャンプー

利用者からの評価

宿泊施設における利用者からの評価基準というのは様々ですが、アメニティグッズが備え付けられているかどうかは重要な要素です。もし、備え付けられていない宿泊施設があるならば、導入することをお勧めします。

保育園を開業する

街

現在、日本国内における保育園の待機児童の数が問題視されています。それに伴って、保育園の開業が求められるようになりました。しかし、市町村の認可を受けた保育園を開業するためには、2年から3年の期間が必要となります。もし、すぐに保育園を開業したいと考えている人がいるのであれば、小規模保育事業への参入がお勧めです。小規模保育産業というのは、平成27年前期からスタートした新しい事業で、定員が6名から16名、対象年齢は0歳から2歳までといった小規模な保育園を運営する事業のことを指します。この小規模保育事業であれば、4ヶ月から5か月といった短い期間で開業することが可能です。

小規模保育事業に参入する際には、開業するにあたって保育士の資格が必要になります。ただし、その規模によっては職員の半数だけ保育士の資格が必要であったり、資格自体が必要なかったりすることがあります。その違いは、定員数によって決まります。6名から19名が定員となる小規模保育園の場合、職員全員が保育士の資格を有している必要があるでしょう。また、特例として保健師または看護師の資格を持っていても従事できることがあります。次に、6名から10名が定員となる小規模保育園についてです。その定員であれば、保育士の資格が無くても開業することができます。ただし、保育士と同等の知識・経験を有すると認められた者といった条件があるので注意しましょう。また、6名から19名が定員となる小規模保育園の中には、職員の半数が保育士の資格を有しており、もう半分が無資格であるケースも存在します。その場合には、無資格の家庭的保育者に研修を受けさせる必要があるでしょう。もし、子供を育てた経験のある人がいるのであれば、6名から10名が定員となる小規模保育の開業に挑戦してみることをお勧めします。